ポールシフトによる災害はもうせまっているのか?

この動画の中にウィキリークスの記事の中に10年、20年後には地磁気の移動が

赤道まで達する可能性があるというメールが載っているとしている

 

 

この地磁気の移動について

【中古】 ザ・フナイ 船井幸雄発信(Vol.75) マス・メディアには載らない本当の情報 メディアパルムック/船井幸雄(著者) 【中古】afb

 

2013年12月のザ・フナイ 船井幸雄発信(Vol.75) マス・メディアには載らない本当の情報 メディアパルムック/船井幸雄(著者)の記事

五井野正博士の

科学から芸術へ 45

「科学の末路である原子力事故の予期と未来をひらく「向日葵」の芸術」の記事中の47ページあたりからの記事で地磁気の移動に関して、地軸も追随して傾くのではと思う人も出るだろうとしている。

地軸が8cm動いただけでマグネチュード8.8の地震と同じくらいのエネルギーが放出されるようだ。

ロシアの科学者は地磁気の移動によって地球の磁場が減少しているとし、太陽からくる有害な放射線に対するシールドが低下しているらしい。

また、地球の回転が減速すれば、巨大な熱が放射されるそうだ。

地球の回転が1年に1秒おくれるだけで、人類がいままでの生産活動放出した熱の数百倍の熱が放出されるそうだ。

したがって、ポールシフトによる災害は、

磁気嵐による宇宙ステーションや航空機のコンピューターの障害がおこる。核攻撃システムのコンピューターに障害がおこれば、人類に破滅的な現象がおこる

また、地球の自転軸や回転の変化は、地震や火山活動が活発となり、海洋や大気で壊滅的な気象現象が起こることになる。